7つの無添加について

アレルギーを引き起こす可能性のある旧表示指定成分も無添加

厚労省が定めた102種の成分は、一切使っていません。

旧表示指定成分とは、「アレルギーなどの皮膚障害を起こすおそれのある成分」として厚生省がかつて定めていた102種類の成分です。

「旧表示指定成分」の多くは、石油を精製したあとに大量に残る残留廃棄物の有効利用を目的として開発されたものです。

自然物の代替品となる画期的な有効性からも、化学技術の発展を促すという意味でも、安価に製造できるという経済的観点からも、廃棄物を再利用できるというリサイクルの観点からも、開発当初は夢のようなすばらしい物質として喧伝されました。

ところが、1970年頃から全国の医療機関発で、皮膚障害の症例が頻繁に発表されるようになりました。
合成界面活性剤をはじめとした、旧表示指定成分として知られる多くの有害化学物質は非常に分子量が小さく、皮膚から浸透して身体の中に、吸収されます。

それにより起こった被害に基づき旧厚生省が初めて市販化粧品の全国的な調査に乗り出し、厚生省告示167号で成分表示を義務付けたという経緯です。

1980年、旧厚生省は102種類の化粧品成分についてアレルギーを危険性を認め『表示指定成分』としました。
当時は化粧品の成分を表記する義務はなかったのですが、『表示指定成分』については必ずパッケージや容器に明記して、購入者に知らせるように義務づけられたのです。

この102種類の旧表示指定成分のほとんどは、石油から合成された合成成分であり、香料を含めて、代表的なのはパラベン・オキシベンソン・セタノール・プロピレングリコールやタール系色素など。

旧表示指定成分102種類の全部が有害、という訳ではありませんが、中には発ガン性や環境ホルモン様作用の疑われるものも存在します。

商品リスト - evahG Item List

エヴァGは3ステップで潤い豊かな滑らかエステ肌へ導きます。

あなたのエヴァGで肌ストレスゼロを目指しませんか?

エヴァGは、7つの無添加と3つの美容成分を配合し、肌への優しさに"徹底的”にこだわっています。
自然由来成分にこだわった贅沢配合豊かな潤いと滑らかな肌へと導く3つのベースケアとして、
ローション → エッセンス → クリームで完結し、この3つ全てに7つの無添加と3つの美容成分を配合いています。

Skin Lotion - エヴァG・スキンローション

スキンローションの商品写真
  • スキンローションの詳細を確認する

Skin Essence - エヴァG・スキンエッセンス

スキンエッセンスの商品写真
  • スキンエッセンスの詳細を確認する

Skin Cream - エヴァG・スキンクリーム

スキンクリームの商品写真
  • スキンクリームの詳細を確認する

定期購入の詳細はこちら

ご注文・お問い合わせはお電話とメールでも受け付けております。フリーダイヤル:0120-978-722